新しいカーシェアリング サービスによって市場シェアを増加させた事例

Industry : Automotive & Transportation
Capabilities : Product Innovation, Campaigns, Digital Advertising, Mobile

The Challenge

ダイムラーのブランドは、長年にわたってヨーロッパの消費者にその価値が認められてきました。しかしながら、今日の多くの消費者にとって、車を実際に所有することのステータス シンボルとしての意味合いは薄れています。このような状況に対応すべく、ダイムラーはカーシェアリング サービスを導入しました。

そのような中、監査の結果から、いたるところにブランド経験が散在していることがわかりました。物理的な場所を有しない Car2go は、デジタル ブランドとして認知されています。しかしながら、顧客とのデジタル上の接点がバラバラだったために、顧客の経験は混乱していました。そこで課題とされたのが、ブランドに関する語句を統一し、包括的なデジタル ブランド経験を開発することで、ユーザーに付加価値の高い経験を提供することでした。
 

アイデア

MRM//McCann は、デジタル ブランド システムを立ち上げることで、顧客とのあらゆる接点に一貫したユーザー エクスペリエンスを適用しました。これには、モバイル チャネル、アプリ、ソーシャル メディア、インタラクティブ POS ディスプレイ用の体系的なレスポンシブ デザインや、車載メディアや充電ステーションなどのユニークなチャネルも含まれます。

この完全にネットワーク化されたモビリティ サービスには、設計および構造要素から、グリッド システム、タイプおよびイメージ管理、さらにはソーシャル メトリクスや監視に至る、デジタル ブランドの原則のフレームワークが必要でした。システムは当初からデジタルを基盤としており、Web サイトの作成からさらに成長し続けています。

このデジタル ブランド システムのさまざまなコンポーネントのすべてがつながることで、ダイムラーはたとえ顧客が運転中であっても継続的に彼らと対話できるようになりました。
結論として、この統一されたブランド経験のおかげで、あらゆる接点で顧客と現在進行形で会話できるようになり、システムに顧客を囲い込めるような比類なきサービスの「価値空間」を創造することができました。

このようにしてブランド経験を統一したダイムラーは、12 か月の期間で、ヨーロッパの 6 都市で新しいデジタル ブランド システムを立ち上げました。

The Execution

    The Results

    2011年のドイツにおける導入期を終えるまでに、およそ6万の顧客がCar2go に登録をしていました。
    現在ドイツ7都市において、最大規模のフレキシブルなカーシェアリングサービスを受けることができます。

    デジタルブランドシステムは、Car2go の大きな利便性と環境責任を組み合わせたものを成功裡に進め、顧客ロイヤルティを構築するユーザーエコシステムを創りだしています。このシステムは、ヨーロッパと北米をまたがる多国籍のロールアウトの成功に貢献しています。

    今日、car2go は、
    -1万台を超える自動車で稼働しています
    -8ヶ国でサービスを展開しています
    -世界25都市において
    -600,000 を超える顧客と共に